パジャリートパウダー、6年連続でFCEXPOに出展

FCエキスポ2019

パジャリートパウダーは、2月27日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催される「世界スマートエネルギー週間」の一環として開催される「FCエキスポ東京」に6年連続で出展し、その他7つの持続可能なエネルギーをテーマにした展示会にも出展します。

2019年は、1,400社以上の出展社が参加する世界最大の水素・燃料電池の展示会・カンファレンスとして15年目を迎える国際水素・燃料電池展です。 2019年のイベントには66以上の国と地域が参加し、最大86,000人以上の来場者が見込まれています。

パジャリートパウダーは、PEM燃料電池やエレクトロジッター用の先進的な電極触媒を設計・製造しています。Pajarito Powderは3つの製品を提供しています。 高出力密度で耐久性に優れた自動車用燃料電池用触媒担体(ECS)、低価格で安定した性能を要求される用途向けの貴金属フリー(PMF)触媒、PEM、AEM、アルカリ電解槽用の先進的な電解槽触媒(EEC)です。

"FC Expoは、水素燃料電池業界にとって最高の展示会です。パジャリート・パウダーのCEO兼会長であるトーマス・J・ステファンソン氏は、「FCエキスポは、3日間で効率的に顧客やパートナーとつながり、燃料電池の活動が集中しているアジア全域で新たな顧客関係を築くことができます」と述べています。

パジャリートパウダーのブースはW26-21にあります。

ミーティングの手配をご希望の方は、ビジネス開発担当シニア・ディレクターのウェブ・ジョンソン(wjohnson@pajaritopowder.com)、または+1-505-550-2096までご連絡ください。

FC Expoの詳細、世界スマートエネルギー週間の地図、登録情報については、http://www.fcexpo.jp/en/ をご覧ください。

トップへのスクロール