LANL、WSU、Pajarito Powderの研究者が水を分解する触媒を共同開発

ロスアラモス国立研究所(LANL)とワシントン州立大学(WSU)の科学者からなる共同研究チームは、パジャリート・パウダーとサンディア国立研究所の協力を得て、高価な貴金属を必要としないアルカリ性条件下でのニッケル-鉄ベースの触媒を開発しました。

詳細はこちらに掲載されています。

WSUの機械・材料工学部の教授であるYuehe Lin氏は、NiとFeをベースとした貴金属フリー触媒を開発したチームを率いていた。彼らのチームは、LANLの研究員で論文の共著者であるYu Seung Kim氏と開発を共有しました。

この触媒は、前世代の陰イオン交換膜(AEM)電解槽と比較して、より高価なプロトン交換膜(PEM)電解槽に匹敵する水素生成量の桁違いの増加を達成しました。

このプロジェクトは、HydroGEN先進水分割材料コンソーシアムの支援を受けています。

 

トップへのスクロール