パジャリートパウダーのPMF触媒はEUの研究で高い性能を発揮

フェーエヌシー

Pajarito Powder’s Fe-N-C catalyst (“PAJ” in the study, and commercially available precious-metal free catalyst) was rated as one of the “best-in-class Fe-N-C catalysts for PEMFC applications”. Pajarito Powder underwent a “cross-laboratory study” from University of Padua, Imperial College London, the Institut Charles Gerhardt (CNRS*-University of Montpellier-ENSCM), and the Technical University Berlin. This study is especially unique because of the depth of its analysis in the origin of the catalytic reactivities.

 Energy & Environmental Scienceの論文にアクセスできる方は、こちらに掲載されています:https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2020/EE/D0EE01013H#!divAbstract

パジャリートパウダーの貴金属フリー触媒は、その物理化学的特性と触媒性能を測定する数々のテストに耐えてきました。特に窒素種の相対含有量、ORR質量活性、ターンオーバー回数では最高得点を獲得しました。

 "当社の触媒は、世界最高水準の最先端のPMF材料の中でテストされたものであり、パジャリートパウダーにとって重要な研究です。パジャリートパウダーの電極触媒がプラチナ材料の代替品として最も活性が高く、有望なものの一つであることが、この質の高い査読付き論文で明らかになったことを大変嬉しく思っています。

本研究の成果につながる研究は、燃料電池・水素共同事業(FCHJU)プロジェクト「CRESCENDO」(Critical Raw material ElectrocatalystS replacement Enabling Designed pOst-2020)から一部資金提供を受けています。この共同事業は、欧州連合(EU)のHorizon 2020研究・イノベーションプログラム「Hydrogen Europe」の支援を受けています。

Pajarito Powder, LLCは、Verge Fund、Omphalos Venture Partners、その他の投資家から出資を受けた国内のベンチャー企業で、燃料電池および電解槽業界向けの次世代触媒および触媒担体の開発に注力しています。Pajarito Powderは、自動車OEM、燃料電池部品メーカー、大手電解槽メーカーと協力して、クリーン/グリーン水素エネルギー産業を急速に加速させる先進的な触媒および触媒担体の開発において、確立されたリーダー的存在です。

*プロジェクトリーダーと別の機関が担当します。

 

"PEMFCアプリケーションのためのクラス最高のFe-N-C触媒"

 

トップへのスクロール