パジャリートパウダーチーム

パジャリートパウダーのチームは、燃料電池の新興企業や業界全体、研究における理論と実践、そして製造とビジネス開発における豊富な経験を持ち合わせています。Pajarito Powderは、経験豊富な経営陣、燃料電池で成功した会長兼CEO、触媒工学の豊富な経験を持つチーム、関連特許、世界クラスの技術諮問委員会を擁しています。

これらは全て、モビリティと水素生成のための先進的な触媒の製造に貢献しています。パジャリートパウダーの特許取得済みのVariPore™プロセスは、大量生産にも対応しており、費用対効果の高い燃料電池の普及に必要な条件となっています。

取締役会

トーマス・J・ステファンソン

トーマス・J・ステファンソン

代表取締役会長
2012年春にPajarito Powderを共同設立する前は、2003年にVerge Fundの共同設立者であり、現在はPajarito Powderの責任に加えてマネージング・ジェネラル・パートナーを務めています。AltelaWellkeeperなど、現在および過去のVergeのポートフォリオ企業の多くと仕事をした経験があり、以前は、パジャリートパウダーの技術源の一つであるロスアラモス国立研究所の技術の商業化を支援するために設立された合弁事業体であるLabStartの取締役を務めていました。以前は、燃料電池業界向けの新しい水素改質技術を商業化している新興企業メソフューエルの取締役および主席投資家を務めていました。
ポール・ショート

ポール・ショート

ショート氏は、ステファンソン氏と共にパジャリート・パウダーの共同設立者でもあります。ショート氏は、ニューメキシコ州立大学で電気工学の理学士号と修士号を取得しており、NMSUの物理科学研究所とHoneywellの両方で主任エンジニアを務めました。その後、他社向けに集積回路を開発する設計サービス会社InnovASICを設立しました。その後、Short氏はInnovASICをサービス会社から集積回路の設計、製造、販売を行う半導体メーカーへと発展させ、業界が縮小していた時期に500万ドル以上の収益を上げました。また、Metaphor Computingの創設者であり、水処理装置メーカーであるAltelaの最高執行責任者でもありました。Altelaでは、次世代製品の設計、製造、インストール、テストを担当したチームを率い、1年間で160万ドルの収益を上げました。
クリスチャン・モアディエック教授

クリスチャン・モアディエック教授

Christian Mohrdieck教授は、Cellcentric GmbH & Co.KGのCEOを務めています。彼は2015年からMercedes-Benz Fuel Cell GmbHのCEOを務めていましたが、2020年6月にまずDaimler Truck Fuel Cell GmbH & Co.に合併され、その後2021年3月にcellcentric GmbH & Co.KGに、そして2021年3月にcellcentric GmbH & Co.KGに吸収合併され、2021年3月よりマネージングディレクターを務める。 ドイツとフランスで物理学を学んだ後、1989年にダイムラー・ベンツ・リサーチに入社。1995年にシュトゥットガルトの研究・技術担当役員室の責任者となる。
1999年からは、米国のダイムラークライスラー社で燃料電池システムのシニアマネージャーを務める。その後、ドイツに戻り、ダイムラークライスラー社の構造材料担当ディレクターを経て、2003年に代替エネルギー・駆動システム担当ディレクターに就任。2005年、燃料電池駆動システム開発の責任者に就任。 2006年には、ダイムラー社のリチウムイオン電池開発の責任者に就任。2年後、燃料電池・駆動系開発担当ディレクターに就任。2012年、ダイムラーグループの燃料電池担当取締役に就任。 2013年、ウルム大学がモルディーク博士を名誉教授に任命。現在、ウルム大学およびウィーン工科大学で教鞭をとる。

スクワン・ユン

スクワン・ユン博士

現代自動車株式会社ベンチャーキャピタル(CVC)チーム シニアマネージャー。現代自動車のベンチャーキャピタルに入社する前は、自動車の燃料電池開発で7年のキャリアを持つ。イリノイ工科大学で化学工学の博士号を取得し、Impact Coatings, AB(スウェーデン)の取締役でもある。

インゲ・シルダーマンズ博士

Irge Schildermans博士は、スチールワイヤの加工およびコーティング技術における世界的な市場および技術リーダーであるBekaert社のファイバーテクノロジー担当上級副社長を務めています。ベルギーで化学工学を学んだ後、応用生物科学の博士号とBekaert Fiber Technologiesの研究開発プロジェクト管理を兼任しています。シルダーマンス氏は、本社の技術・イノベーション管理から東欧(スロバキア)の事業・国別管理まで、Bekaert社内でいくつかのポジションを経験した後、2019年にベルギーに戻り、Fiber Technologiesの現在のSVPの職務に就任しました。彼女のビジネスユニットは、ろ過(ポリマー、半導体、ガス)および導電性・耐熱繊維とヒーターケーブルを提供する自動車アプリケーションのいくつかの最終用途のためのハイエンド金属繊維製品を開発、製造、商品化します。2000年以降、Bekaert Fiber Technologiesは、PEM電気分解機用の多孔質輸送層の開発と商業化に積極的に取り組んでいます。また、Schildermansは、ベルギーの産業界と研究機関により構成されるコンソーシアムHyveの役員を務め、水の電気分解に関する新しい画期的なソリューションを開発しています。
マーク・マーロウ

マーク・マーロウ

20年以上の財務担当役員として、2度のIPOを成功させる。Virtual Radiologic Corpを米国最大の遠隔医療プロバイダーへと成長させた。Omphalos Venture Partnersの元マネージングパートナー。ミネソタ大学カールソン・スクール・オブ・マネジメントで会計学の学士号とMBAを取得。

経営陣

ミケーレ・オストラート博士

ミケーレ・オストラート博士

Chief Operations Officer
Dr. Ostraat is the Chief Operations Officer, after having joined Pajarito Powder in the role of Chief Scientist in 2023, after serving as chief operating officer of the National Energy Technology Laboratory (NETL). Ostraat provides strategic direction, leadership and management of Pajarito Powder's technical efforts. Previously, Ostraat served as senior downstream research center leader at Aramco Services Company in Cambridge, Massachusetts. In this role, she championed the launch, growth and expansion of Saudi Aramco’s Global Research Center, with a focus on game-changing, high-risk/high-reward, long-horizon research portfolio and strong engagement with the scientific community and innovation ecosystem. Ostraat brings a strong record of leadership and expertise across energy, chemicals, defense, environment and health. Ostraat holds a Ph.D. and M.S. in chemical engineering from California Institute of Technology and a B.S. in chemistry from Trinity University.
メリッサ・ブロック、コントローラー

メリッサ・ブロック

コントローラ
メリッサ・ブロックは、2022年8月にコントローラーとしてパジャリト・パウダーに入社しました。 彼女は、公会計と民間会計の両方で財務チームを率いてきた実績があります。 Pajarito入社前は、Gruenloh Hardy & AssociatesでC.P.Aとして勤務していました。 学歴・資格 - サウスアラバマ大学(2008年 - 2012年 公認会計士(C.P.A.)
Kyle Ellis

Kyle Ellis

Manager, Production
Kyle Ellis began his career working for Sartomer Company as a Chemical Production Operator, producing Polybutadiene products under the Ricon Brand. Upon moving to New Mexico, Mr. Ellis worked as Field Chemist for Rinchem under contract to Sandia National Laboratories, where he specialized in Hazardous Chemical identification in the field and led teams to pack and ship hazardous waste for disposal. 
Before joining the team at Pajarito Powder, Mr. Ellis served as Production Facilities Manager for xF Technologies, another New Mexico venture backed company. In this position, he led a team of engineers, chemists and technicians in a pilot facility, producing novel biofuels and green chemical platforms from renewable biomass. 

Education

Fort Lewis College, B.S. Chemistry/Biochemistry, 2010
ウェッブジョンソン

ウェッブジョンソン

事業開発担当シニアディレクター

ジョンソン氏は、2015年11月に事業開発担当ディレクターとしてパジャリート・パウダーに入社しました。ジョンソン氏はこれまでのキャリアの中で、自身のキャリアを含め、ソフトウェアやハードウェアのスタートアップ企業で様々な職務を経験してきました。ジョンソン氏は2000年代初頭に「Next Generation Economy Initiative」と呼ばれる新興技術コンソーシアムの副社長を務めていましたが、これはマイケル・ポーター氏と後のミルケン財団が開発したクラスター研究に基づいたもので、技術開発における国立研究所の強みを活用しつつ、商業化における弱点に対処することを目的としています。SWSH, LLCでは、スウェーデンの企業Assa Abloyがテキサスに拠点を置く米国子会社HIDを通じて買収した生体認証の新興企業Lumidigmをはじめとする南西部の新興企業のシニアエンジニアリングおよびサイエンスチームの採用と組織化を支援しました。

2014年には、リーンスタートアップのプロセスを用いてスタートアップを「加速」させるTechstarsモデルに基づいたグローバルアクセラレータネットワーク認定プログラムであるABQidアクセラレータの設立を支援しました。

堀三郎先生

堀三郎先生

アジア事業開発ディレクター
堀三郎氏は、呉羽化学工業でユニオン・カーバイド社と共同で原油分解技術を開発するプロジェクトチームのメンバーとしてプロキャリアをスタートさせ、4年半ほどアメリカに滞在しました。 帰国後、セラミック材料の研究を開始し、1989年に豊田中央研究所に着任し、1992年から1994年まで豊田中央研究所セラミック研究室長を務めた後、アメリカのベンチャー企業であるランキサイド社に入社し、セラミック複合材料の開発に従事しました。dmc2/OMG/ユミコアでは、先端材料事業部長、つくば工場長、燃料電池事業部長、電池材料研究開発責任者などの技術・管理職を歴任した後、鹿児島大学客員教授を務めました。
ディキシー・コルビン

ディキシー・コルビン

ヒューマンリソースマネージャー
人事部長のディクシー・コルビンは、グリーン水素で世界を変えたいという情熱から、人事と採用の専門知識をパハリト・パウダー社にもたらすために退職を決意しました。 ディクシーは、採用、給与・福利厚生プログラム、従業員関係、休暇管理、方針・プロセス作成、組織開発など、人事部門のあらゆる機能を管理してきました。 また、フルサイクル・テクニカル・リクルーターとして、ヘルスケアや製造業で5,000人以上の候補者を採用し、内定を獲得してきました。 余暇には、難民のコミュニティで、仕事のスキル習得、履歴書の書き方、初めて運転する人のための交通ルールの習得を支援しています。また、受賞歴のある画家であり、趣味で脚本を書いています。
トップへのスクロール